山も川も行こう


山を歩いたりカヌーに乗ったりイカ釣ったりケンカしたり。そんな日々の日記です。写真は2月の網走湖の夕日です。(北海道MTBツーリングより)
by ika-maguro-sake
LINK
カテゴリ
最新のコメント
F’sマスターさん、バッ..
by いかまぐろ at 19:59
もしかしてソロっすか! ..
by F’sマスター at 00:15
正座男さん、お互い懲りも..
by いかまぐろ at 13:05
それがわたしのいいトコロ..
by いかまぐろ at 13:00
F’sマスター家の息子チ..
by いかまぐろ at 12:58
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


始まりはキナバル山だった

2001年、1月1日。そう、20世紀から21世紀へと時代が変わるその時。私はボルネオ島にいた。
そして、21世紀初の御来光を4095mの東南アジア最高峰、キナバル山の山頂から拝み、心の中で誓った。「私自身を生きる」
自分の改革の旅だった。

その時、キナバル山の山頂で写真を撮ってもらったのが彼、S氏。昔の彼???
ブッブー残念、今年68歳の立派なオジサン。
お互い一人旅同士で、関西出身、山は単独行というS氏と、帰りの機内で意気投合。1滴もアルコールを飲まないS氏の隣で、私はワインが回りヘロヘロだったけど。
以来、文通が始まった。メールではござらん、文通です。文通。
しかも、Sさんは手紙の中で私のことを「貴女」と読んでくださる。なんか、大人の素敵な女性になった気分じゃない?
互いに交わした手紙は百通にも上らないにしても、かなりの数だと思う。

手紙でだけではない。
比良山であった、ある大会の縦走競技でのこと。
12キロの荷物を背負い、山頂まで走るというその競技。私はもう焦点も定まらず、走るどころか、地面にはいつくばって・・・。気を抜くと今にも倒れそうだったその時、目の前に現れたのがS氏。山頂まで、ずっと後ろをついて歩いてくださった。(もちろんそんなことは禁止だが)

また、絶対安静だった妊娠期間中に届いたダンポール箱。中身はというと年忌の入ったものから新しいものまで山の本がどっさり。
それに読まないから引き取ってくれとだけ書かれた手紙。
寝てばかりいては退屈だろうと気遣ってくださったのだと、気持ちも一緒にありがたく頂戴した。

そのS氏の所へ、夫と子どもと一緒にお会いしに行くことができた。
真っ黒に日焼けした顔で(この春、剣に2回も行ったらしい)、奥様とにこやかに迎えてくださり、三人での訪問に大喜びしてくださった。
そして、お孫さんの三輪車まで頂いて帰る始末。
あぁ、行けてよかったなぁ~
S氏の素朴で温かい笑顔は変わらなかったけれど、初めてお会いして以後、私を取り巻く環境は大きく変わった。
でも、キナバル山で誓ったことは変わらない、かな。
こんな、しょっちゅう浮足立っている私に、足元を見させてくれるのは、Sさんだったりする。便せんに向かうとき、素直に自分の心が見えたり。
節目節目で力になってくださってありがとう。これからもずっとよろしくおねがいします。(って・・・S氏はパソコンは見はらへんのやった)
[PR]

by ika-maguro-sake | 2008-06-23 14:58

三国岳~千が峰縦走

九州旅のレポートも気になりながら・・・
とにかく行ってきたので、記録をアップしとこ。
夫は「どんなけ遊ぶねん」とあきれ顔。ごもっとも。。。

とにかくスタート。
播州の加美アルプスと言われる、三国岳~千ヶ峰縦走。かなりアップダウンのあるコースで、距離は15キロくらいかな?
のんびり地図を見ながら歩いたけれど、時間にして9時間半。結構かかったなーー
九州旅翌々日のスタートで、少し体がけだるい。ゆったりペースなのに、前回1人で行った時よりもしんどかった。

今回は、初めてのGPS(友人の御主人のを奪ってきた)&読図講習会?。
地図を見ながら、あーだこーだ。
たまにはちゃんと地図を見ながら行かないと、逆さまに見るくらい読めなくなってしまう。フツーでもかなりヤバイのに。
でもGPSも・・・なーんかおかしい。
進むと、GPSがついてくる状態。(早く言えば、全く使いこなせていない。。。)地図を読めないとGPSも使えないんだな。多分。

久々の友人とのハイキングということで。
ザックの中からは、ミカンの袋詰めや果物の缶詰、お決まりはバーナーにカップラーメン。
大人の遠足は子どものよりもたちが悪い。どんなけおやつが出てくるねん!どんなけ~
ま、ビールが出んだけマシかー

道の駅加美 7時スタート→三国岳山頂8時30分 →千ヶ峰山頂15時30分 →三谷登山口 16時30分
f0001203_13593323.jpg

子どもを背負わないと背中が軽い

次は、三国岳~千が峰~笠形山やなっ
でも、今回の倍やで、倍!
行けるんかなぁ???
[PR]

by ika-maguro-sake | 2008-06-20 14:42 | 山あそび

1歳3か月児、母と九州を旅ル

1歳3か月になった息子の『R』。歩きはじめ、何にでも興味津々。
とにかくどこでも登る、落ちる、ひっくり返る。
触る、舐める、かじる。
ゴキブリの薬も、蚊取り線香も、タバコの吸いがらも。お気に入りはゴミ箱。
そんなやんちゃ盛りの息子と2人で、マイカーに乗って12日間の旅。今回の行先は緑の王国、九州。

毎日のように温泉に入り、牛とたわむれ、ヤギや馬にエサをやり、ミヤマキリシマでピンク色に染まった山に登るという日々。
もちろん、毎日自炊。Rがまだ何でも食べれないというのは表向きの理由で、私の旅と自炊は切っても切れないセットもの。
子連れだと余計大変そうに見えるけど、これがないとしっくりこないんだなー

今回のハイライトは、歩いてしか行けない山の中の温泉、法華院温泉。
ここに泊まるために、行き先は阿蘇・久住方面に絞られたというわけ。
もちろん背負子には、R。
自炊道具や泊まりの荷物はというと。。。背負子に背負わせることにした。背負子にサブザックを結わえつけてセット。で、OK!!お、重いぃぃーーっ

と、すべてが順調・・・だったわけはないよな~
大分港にフェリーで着いた翌日には、Rが鼻水をたれ、ゲホゲホと咳をし、口に入れた食べ物も咳込んで飛ばしてしまう始末。
なんと、見知らぬ土地で小児科受診。オイオイ、旅は始まったばかりやで~

そんな、母と息子のはちゃめちゃ九州親子旅、また詳細はレポートアップ予定!(遅くなるかも・・・)
ま、とりあえず、Rも私も思いっきり楽しんできたのだ~

【 行程 】
フェリーにて大分港着→別府にて温泉三昧・別府ゲストハウス2泊→阿蘇にて動物ふれあい三昧・YH村田屋2泊→久住にて山遊び三昧・あそくじゅうYH3泊→法華院温泉泊→大分泊→フェリーにて神戸港へ
f0001203_1358521.jpg

久住山にて

登るつもりはなかったんだけど・・・
通りかかると、山があんまりにもピンク色!
いてもたってもいられなくなり。。。
牧場行きを取りやめ、夢の大吊橋も見ずに
Uターン!
気が付けば登山口。
山はサイコー!
旅もサイコー!!
[PR]

by ika-maguro-sake | 2008-06-16 14:56 | 山あそび