山も川も行こう


山を歩いたりカヌーに乗ったりイカ釣ったりケンカしたり。そんな日々の日記です。写真は2月の網走湖の夕日です。(北海道MTBツーリングより)
by ika-maguro-sake
LINK
カテゴリ
最新のコメント
F’sマスターさん、バッ..
by いかまぐろ at 19:59
もしかしてソロっすか! ..
by F’sマスター at 00:15
正座男さん、お互い懲りも..
by いかまぐろ at 13:05
それがわたしのいいトコロ..
by いかまぐろ at 13:00
F’sマスター家の息子チ..
by いかまぐろ at 12:58
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


304,2m山頂に立つ!?

我が子、山の頂きに立つ・・・と言うのは間違いだよな???
だって立ってない。スリングの中気持ちよさそうにスヤスヤ。
山頂で母ちゃんのいつもの神社に、「まんまんちゃんあん」
きっと抱っこの今がお互いにとって一番ラクチンなんだろうなぁ~
まだ軽くてじっとしていられるうちに。。。行くっきゃない!!
f0001203_11123343.jpg

ここから出発

参道の階段で山頂へ
[PR]

by ika-maguro-sake | 2007-05-29 09:45 | 山あそび

食う寝る

友人のブログに紹介してあった雑誌『クウネル』
生活の中の「あ、いいな」がいっぱい詰まってた。
ぬか漬けや梅のシロップ・ジャムの作り方楽しみ方にピピッと反応。
ぬか床作れるかな、梅ちぎりに行ってみよかな。。。
今まで家で過ごす時間が少なかった私に、生活の楽しみ方を教えてくれる。
f0001203_1024253.jpg

[PR]

by ika-maguro-sake | 2007-05-28 10:24 | 夢日記

おのぼりさん

この前の公園の上にはこんなものがある。子どもが大きくなったら登ろう。
f0001203_9213595.jpg

そういえば、子どもの頃幼稚園に『ツキヤマ』とよんでいるものがあった。
名前通り、突き出ている山。この側面に石が張り付けてあって、そう、正にホールド!
で、上から下がっている綱にしがみついて登るんだけど、どこまで手を使わずに登れるかごっこも遊び。
ツキヤマは真ん中が貫通してはしごがかかっている。側面からは土管が入っていてはしごを降りて土管から出てくるという仕組み。
私たちはそこでよく鬼ごっこをした。よじ登り、滑り降り、へつった。
私はツキヤマが大好きだった。
大人になっても同じことをしたいんだなぁと思い出してうれしくなった。ツキヤマが私の遊びの原点かもしれない。
久々にツキヤマを見に行ってみたら・・・幼稚園の周りには金網がしてあり門が閉まって入れなかった。
最近の事件で当り前だけど、なんだか淋しい気がした。小学生になっても幼稚園を基地に走り回ってた私たちはのびのび幸せだったんだなぁ。
[PR]

by ika-maguro-sake | 2007-05-25 09:09 | 山あそび

公園デビュー

といっても、そこには「頂上まで1600メートル」の看板。
前はよく走りにも来たおなじみの場所。実は出産3日前にも歩いて上がった。
車で上がれるんだけど、夕方閉門してからわき道を2人?でテクテク歩く。
会うのは犬の散歩のおじちゃんたち。なぜかこの時間おばちゃんはいない。
今回はスリングでコアラ抱っこ(縦抱っこ)に挑戦。キョロキョロしてた子どもも会っという間に鼻いびき。頭からすっぽり布をかけて日よけもバッチリ。実はこの前、ほっぺの皮がむけてしまったんだなー。。。
公園の上からは、『海だよー!』。
だ~れもいない海、だ~れもいない広場。うーん、さわやか。
でも、私にピッタンコくっついてお互い前半分汗でジットリ。。。それでもやっぱ気持ちいいよねっ。
f0001203_9205126.jpg

[PR]

by ika-maguro-sake | 2007-05-22 09:48 | 山あそび

イチゴジャムづくし

今朝の朝食。
うまさにアッと圧倒?いや、ほんとおいしい。のか作ったことがうれしいのかは不明。とにかく朝が待ち遠しい。
突然手作りに目覚めた私、ジャム作りにモード入り。
今また新たに、砂糖1割にしたジャムを仕込み中。
f0001203_9472169.jpg
パンには、自家製イチゴジャム。もといイチゴシロップ。
砂糖極々微量のみ使用。
甘酸っぱい。
粒をつぶしながら食べる。

ヨーグルトには、砂糖3割のジャム。
かなり甘くグルグルかき混ぜて食べる。
[PR]

by ika-maguro-sake | 2007-05-20 09:47 | おいしい時間

シンプルイチゴジャムといえばかっこいいけど

イチゴジャムってだいたいイチゴの5~6割の砂糖を入れるのが定番。
でも、昨夜もらったのは砂糖を3、5割に減らしたのに甘い。ちょっと甘すぎ。
それだけイチゴが甘いってことやんね☆
砂糖も入れなかったら固まらないし、保存力が落ちる。
でもイチゴの甘さだけでえんちがうんと私もこっそり初挑戦。コソチャレ?
急に思い立ったからグラニュー糖もレモンもない。
ま、いっか。待ったなし、まずはチャレンジ、ゴーゴー!

【シンプルイチゴジャム?の分量】 (注:よいコはマネをしないで下さい)
                        せーへんって!?
イチゴ 400グラム。大きいのは切る。
グラニュー糖 15グラム

何でグラニュー糖15グラムかって!?
今朝開けたヨーグルトに付いてたのを使用したため。ほら、袋入りのヤツ。
コトコト煮詰めて、ほーら出来上がり。
おぉっ、天然の甘酸っぱさ!
トロッとしてるしパンの上でイチゴの実を潰してシロップを周りにかけたらいけるよー。
と、勝手に納得。
これ食べたら売ってるイチゴジャム食べれんで。と、更に自画自賛。
ジャムとは程遠いけど。自家製イチゴシロップということで。
f0001203_13151887.jpg

こんなんできましたー
手のひらサイズの瓶に。
[PR]

by ika-maguro-sake | 2007-05-19 13:15 | おいしい時間

春野菜

えんどう豆、スナックえんどう、新タマネギに新キャベツ、ほうれんそう。
取れたて畑の幸ばかりの食卓。ありがたいいただきもの。
とにかく新鮮、無農薬。後は料理の腕・・・
新キャベツと新タマネギを炒めたら、あらら、ベチャベチャだー。まいっか、焼肉のタレかけてごまかしとこー。
うーん、メインディッシュないな。デザートのイチゴいっぱい食べたいからお腹おいとこー。
とかなりいい加減。

当り前のように食べていたけど、野菜作りって手間がかかるんだなぁと感じる。無駄にせず大事に食べよう。そして食べる時には『イタダキマス』って感謝しよう。
収穫が一時だから、豆類は保存食も作っとく。
連日えんどう豆のさや取りやグリンピースの皮むきで、絹のような手?が・・・
でも、軽く湯がいて冷凍しとけば一年中使える。冷凍イチゴも作ったし、越冬準備?OK!
もうすぐ鮎釣りシーズンだから今度は魚の場所確保しなくちゃ。冷凍庫フル稼働だわ。
f0001203_1110213.jpg

[PR]

by ika-maguro-sake | 2007-05-18 11:10 | おいしい時間

親子でお出かけ

ウルトラマンは3分がリミットだけど、私は3時間。
2時間過ぎると警報が「ウギャー」
ミルクをあげるのもなぁ・・・と余程でないと預けて外出しない。預けてると、時間や泣いていないかとか気になってバタバタ。
私がミルクタンクなもんで。
だから?結構どこでも親子でお出かけ。そこで大活躍してるのが授乳服。
授乳してるように見えないから、壁や人のいないほうを向いていれば結構スムーズ。
私は授乳してる人を見たことがないけど、気付かなかっただけかな?
ずっと昔は、その辺でしてる人がたくさんいたって。
そりゃ、私も恥かしいといえば恥かしい。でも、しっかり隠してスマートに授乳したい。そして、子育て中でも目一杯一緒にお出かけしたい。
それが当り前になればいいと思う。
そして周りもそれを当り前って受け入れられるようになればいいなと思う。
f0001203_10403944.jpg

書写山 円教寺

元気に大きくなれよと願う

山の上のあずまやで、
親子そろってお昼ごはん。
大人は昨夜の残りのカレー、
子どもはもちろん。。。
[PR]

by ika-maguro-sake | 2007-05-15 10:40 | 新米母の子育て日記

親子でお外ご飯

ゴールデンウィークに七輪デビューし、2か月児にして早くも3度目のバーベキュー体験の我がコ。
ホルモンを焼く煙にも、舞う灰にも負けずスヤスヤ。
というより、頑張って寝さされているというのがホントのとこ。
大人だけで楽しいことするのが分かるのか、必死で起きとこうと。。。けど今回は私の勝ち。
でも、ちゃっかり寝ながらも参加。
その場にいてワイワイ、ガヤガヤしてるほうが落ち着くみたい。
で、私は代わりばんこで抱っこで食べる。
もっと大きくなったらお外ご飯なんてしてる場合じゃないんかも?
でも、きっとなんとかしてしてるだろうなぁ~
f0001203_923810.jpg

即席手作りかまどで。


取れたての自家製タマネギ
甘くてジューシー

注) 肉もありマス
[PR]

by ika-maguro-sake | 2007-05-13 09:23 | おいしい時間

布から広がる夢物語

海外の魅力ある布地を買いに行きたいなぁというのは夢のまた夢。。。
そんな私に友人がラオスの刺繍布をプレゼントしてくれた。
色合いも鮮やかで美しいだけではなく、惹きつけられるような魅力がある。
でも、ラオスという国になじみが薄いのは、私だけじゃないはず。
あまり表には出なかったけど、ベトナムの戦争時代にアメリカ軍が投下した爆弾の量は1人あたり700キロとも言われ、今もベトナムとの国境沿いに住む住民が不発弾で苦しんでいるという。
この刺繍は、爆撃から隣国タイに逃れた人々が難民キャンプで祖国の暮らしに思いをはせて施したものらしい。
とうがらしの収穫やニワトリに餌を与える様子など、描かれているのは素朴な山や森の暮らし。
でも、布地は化学繊維。刺繍との取り合わせがなんだか不思議。
実は、このモン族の人たちは、布地を織ったり染めたりした上に刺繍をするのがホント。
だけど難民キャンプには、織り機なんてない。で、差し入れ物資の化学繊維の布に刺繍を施したらしい。
と友人からの受け売り。
刺繍がいかに人々の暮らしに密着してるのかを感じる。何とも奥が深い。

私ならどんな暮らしを描くのかな。
1枚の布から世界が広がる。
f0001203_15143569.jpg

[PR]

by ika-maguro-sake | 2007-05-07 15:14 | 夢日記