山も川も行こう


山を歩いたりカヌーに乗ったりイカ釣ったりケンカしたり。そんな日々の日記です。写真は2月の網走湖の夕日です。(北海道MTBツーリングより)
by ika-maguro-sake
LINK
カテゴリ
最新のコメント
F’sマスターさん、バッ..
by いかまぐろ at 19:59
もしかしてソロっすか! ..
by F’sマスター at 00:15
正座男さん、お互い懲りも..
by いかまぐろ at 13:05
それがわたしのいいトコロ..
by いかまぐろ at 13:00
F’sマスター家の息子チ..
by いかまぐろ at 12:58
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


イカの七変化

秋イカを求めて久々に旅気分でイカ釣りへ。
車に乗ってから地図を広げる。ウキウキ。
どこに行こうかなぁ。

ところで、イカってスーパーで売ってるのは白いから、イカは白いもんだと思ってた。
これが違うんだよな~
f0001203_1931977.jpg
釣った直後のアオリイカ
興奮でイカっているのかまっ黒
f0001203_19312250.jpg
絞めた直後  透明に

上の写真と同じイカです
持って帰ったら、前の日に釣ったのはもう白くなり始めてた。
私たちは透明のイカ刺しをたらふく食べたとさ。
これだからやめらんねぇ~
[PR]

by ika-maguro-sake | 2006-09-28 20:11 | 釣り三昧

サワガニ part2

ということで、前回の続き。和風創作料理店で見たサワガニを捕まえにいざ沢へ。
長靴を履いて、手には・・・何もなし。
素手で捕まえるって。そんなことできるんかなー?

まずどうするかっていうと、石をめくる。と、その下にいるサワガニを素早く手でつかむってワケ。言うのは簡単、やってみると・・・
モタモタ探してるとあっという間に水が濁って何も見えなくなってしまう。
ポイントは『カニ目』になること、かな?
カニに慣れ始めると、石をのけて水が濁るまでの一瞬にカニを発見できるようになってきた。
30分あまりで、2人で20パイほど捕獲。結構やるやん!って私はお得意顔だったんだけど、夫は「小さい頃は何倍もいたのに」ってちょっぴり不満顔。
まぁ、晩ご飯には充分なんだからいいやんね。

早速、親戚宅の台所へ直行。
洗って入れたザルから脱走カニが続出、ひぇぇぇ~。酒の肴に手土産のつもりがぁぁぁっ。
テンヤワンヤの中、何とか無事予定通りにから揚げになり、塩をふってパリパリとみんなのお腹に納まった。お味は好評でほっ。大騒動でゴメンナサイ。
f0001203_18573052.jpg
写真は母ガニとその子ガニたち。
なんとなんとカニって子育てをするんです!知ってました?
捕まえたカニのお腹、何か分からなくって触ってしまったら、子ガニたちが手のひらの上でバラバラと歩き出して・・・
母さんガニのお腹に子ガニがいっぱいくっついてたんですよ~

この後もたくさんいた子育て中の母ガニ。捕まえずにそっとしときました。
手のひらの子ガニたちは母さんガニのお腹に帰れたのかなぁ?って心配。大きくなれよ~
[PR]

by ika-maguro-sake | 2006-09-25 18:57

サワガニ Part1

たまにはしっとりと近くの和創作料理のお店へ。
家ではできないアレンジが目を楽しませてくれる。し、こんな時じゃないとゆっくり話さなかったりするしね~
変わったお料理を何種類か注文、写真は湯葉のウニなんとか。
ウニが食べたかったんだけど、まず目に入ったのは真ん中の宝石箱に入った赤い小さなカニ。
余りにもリアルで飾り物?と思ったけど「サワガニです、そのまま食べれますよ」とお店の人。
f0001203_211254.jpg
見るのも食べるのも
初めてのカニ

カニって中身を食べるんじゃないの?丸ごとってなんかちょっぴりグロテスクなような。
恐る恐る食べてみると・・・パリッと甲羅が割れてかなり濃厚なカニの味。
おおおぉぉ~感激~!
こんなカニおるんやなーと大切に大切に食べていると、『小さい頃なんぼでも川におったで』と夫。
ほんまかいな、私は見たことも聞いたこともないでー。そりゃ獲りに行かなあかんやろぉー!
しっとり話をするどころか、興奮してカニ漁計画。
そして、サワガニ獲り決行は次回をお楽しみに~。
続く・・・
[PR]

by ika-maguro-sake | 2006-09-19 21:37 | おいしい時間

ボールきのこ

先日の山の中で見たこともないキノコを発見。
さっぱりキノコのことは分からないけど、一目見て食べれそうにないのは分かった。
頭の部分はまるで野球ボール。
さわってみてもまるでボールのような感触。
なんなんだこれは~。
f0001203_2072612.jpg
名づけてボールきのこ

キノコと言えば・・・一昨年我が家での事件。
キノコ採りの好きな友人と山へ行ったときにキノコを採取。
味噌汁に入れたらバツグンということで、キノコ汁に舌鼓を打っていた。

キノコ汁3日目の朝。
テレビのニュースに釘付けになった。
「キノコ狩りのキノコを食べた○歳、約○時間後に死亡」

「ちょっとちょっとちょっと!!!」「えぇぇぇ!?」我が家は騒然となる。
なんとなんと、そのキノコは今手に持っているお椀に入ったヤツと全く同じだったのだ。
無言でキノコ汁をほかしに立つ夫。
「3日も食べて何ともないんやから大丈夫やわ」と図太くキノコ汁をたいらげる私。
でも、さすがにそれ以来店で売っているキノコ以外は口にしていない。
言うまでもなく私たちもその友人も今もピンピンしているが・・・
[PR]

by ika-maguro-sake | 2006-09-12 20:24 | 山あそび

初めての挑戦

今まで何回か妊婦の友人とハイキングに行ったことがあった。
彼女たちは大きなお腹でニコニコ登っていたので、私も妊婦になっても山に行くのは当り前だと思ってきた。
なのに予想外の安静の日々。でもとうとう『プチンッ』と音がしたかのように弾けてしまった。

先日の健診で『動きたい!』と訴えたら『徐々に無理しないように』との返答。
コレを私は【安静解除】と解釈。早速、調子に乗って山に向かった。
なんでしんどくて1時間も立ってられへんのにいきなり山やネン!と少しは自分でも思う。
ので、家から一番近い山へ。
それと今日の行動時間は1時間と決めた。登り40分、下り20分と考えて40分歩いたら引き返すこと。

さすがに10分もしたら息が切れる。でも、緑の中にいるのが気持ちよくてうれしくて1人で笑ってるヘンな人、でも笑いは止まらない。私は幸せだーと叫びたい。
そして山頂まで後半分というところでリミットの40分。とたん悪魔がささやく。「上まで行けるんじゃない?」
いやいや、今日は予行演習なのだ。悪魔を振り払い、ちょっきり1時間で登山口に帰り着いた。
ハッハッハッ、私の小さな冒険は無事に幕を開けたのだー。
f0001203_17385975.jpg

山頂までの道

次は上まで行こう
[PR]

by ika-maguro-sake | 2006-09-10 17:44 | 山あそび

デカ鮎

でっぷりとした天然アユの収穫。
この時ばかりは?夫に尊敬のまなざしを送る。
解禁日にはこの何分の1かだったのに、このたくましいお姿。
f0001203_20552219.jpg

注:左上はオクラ
アユといえば塩焼きと思うでしょ。
とりあえず1匹ずつは塩焼きにしたけど、このくらいデカクなると塩焼きではちと皮が固い。
・・・だんだん贅沢になってきた。と自分でも思うけど。
ではどないして食べるかというと。去年知ってから、この食べ方が一番と言い切れる。
炊く。アユを炊くのだ。飴炊きではなく、普通に炊く。
これがめちゃめちゃおいしい。
内臓を汁に浸しながら食べるとこの苦味がまたオツ。
やめられません。
いつか私もアユの友釣りをする日が来るんだろーか。
[PR]

by ika-maguro-sake | 2006-09-07 20:58 | 釣り三昧

渓流竿GET

釣りキチ三平全巻読破以来、すっかり釣りモードに突入中の私。
いてもたってもいられないとはこのコト。
早速、釣りざおGETだー。

磯竿と渓流竿を購入予定でいざ店へ突進。
とりあえずは、渓流竿を新調することに。
この前の渓流特訓でアタリがとれず、針を飲まれてばかりだったのがくやしくって。
まぁ、竿で腕もよくなるワケではないのは百も承知・・・でも、やっぱり淡い期待。(いや、かなり期待している)
今の渓流竿は、私の唯一持っていた竿でかれこれ10年選手になる。
沢登りの時にザックに放り込んで引きずりまわしてたのによく今までもったなぁとシミジミしていると、「安モンは長持ちするんや」と夫。ふふぅーんだ。

店内を物色、やっぱりカギ付きのガラスケースに入っているのが、高級っぽい。出してもらって何種類かプルンプルン振ってみるけど、ド素人の私にゃどれがなんなんだかさっぱり?
見立ててもらって、魚の食いつきがガツンと分かるよう今のよりも硬めの竿に決定。
次は新しい竿で腕試しだもんね。
f0001203_20565317.jpg

竿よ、頑張ってくれ

磯竿は、とりあえずイカ釣り竿で代用することに。
もう少ししたらイカシーズン到来だしね。
[PR]

by ika-maguro-sake | 2006-09-04 20:39 | 釣り三昧