山も川も行こう


山を歩いたりカヌーに乗ったりイカ釣ったりケンカしたり。そんな日々の日記です。写真は2月の網走湖の夕日です。(北海道MTBツーリングより)
by ika-maguro-sake
LINK
カテゴリ
最新のコメント
F’sマスターさん、バッ..
by いかまぐろ at 19:59
もしかしてソロっすか! ..
by F’sマスター at 00:15
正座男さん、お互い懲りも..
by いかまぐろ at 13:05
それがわたしのいいトコロ..
by いかまぐろ at 13:00
F’sマスター家の息子チ..
by いかまぐろ at 12:58
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


涙のワケは・・・

新聞の釣り情報を見たら、イカが釣れ始めているとのこと。
早速狩猟に出撃じゃ~

なのにウンともスンとも当りが来ない。
隣の岸壁で釣ってたオジチャンが、キスをガンガン釣り上げているじゃあ~りませんか。
なにはともあれ、今夜のおかずをGETせねばぁ!ということで、イカを諦めてキス釣りに転向。

でもねー、それはそれで私にとっては試練だったのよ、試練。
「ゴカイ」との戦い。キスってルアーで釣れへんのん~(涙)
わざわざゴカイを買いに行ったんやで~(涙涙)
夫は、始めの1、2回は付けてくれたけど、後はほったらかし。半泣きでゴカイと格闘してた時間の方が、もしかしたら釣ってた時間よりも長かったかも。

それにしても、釣り場に拾い尽くしても拾いきれないほどのゴミの山・・・悲しい(涙)
釣り人が世間から悪く言われて当然やと思う。

昔みたいに食料や生活のためだけに釣ってるんやない人がほとんどで、レジャー化してる。
釣り自体が自然破壊行為やというのは否めない。

けど、釣りをしてたら魚の住める環境を大事にせなあかんなって痛いほど感じる。釣らしてもらってる分、魚の気持ちに近づいて考えることも多くなるし。
自然破壊行為なんやけど、そこに身を置くからこそ人一倍愛情を持ってフィールドと接していけるってのもあるんだよね。
山も川も海も全部同じコト。私自身ももっと勉強していかんとあかん。

1人1人が気をつけていくことで、随分違ってくることやんね。こういうことを遊び仲間との間でもきちんと話し合って、色んな知恵もらって考えていきたいな。
f0001203_22165736.jpg
晩ご飯
キス天にタコ天。タコブツなど。
アブラメの天ぷらもあり。でもやっぱ、キス天・タコ天がウマイ!

タコも釣ったのだー
[PR]

by ika-maguro-sake | 2006-06-24 22:19 | 釣り三昧

おやっさん

琵琶湖に行く道中で「おやっさん」という美味いモノに出会う。
さて、これはなんでしょう。

答えは「どぶろく」f0001203_19352030.jpg
どぶろくってはじめて飲んだんだけど、ウマイ!こんなに美味いモンやとは知らんかった。「おやっさん」が特別美味なんかもしれんけど。
米粒がたくさん入ってて、飲むというより食べるってかんじ。冷蔵庫で冷やして、クイッ、モグモグ・・・飲み口いいから飲み過ぎ(食べ過ぎ?)注意。丹波篠山に行かれた際にはぜひおためしあれ~。
ビールの季節だけど、どぶろくデビューもいーな。
美味いどぶろく情報募集デス!


琵琶湖では、名物?「鯉の子」に挑戦。
f0001203_2275036.jpg好きなモン食べよかーって、道の駅で思い思いのモンを持ち寄ったら・・・
なんで、「白餅10個入り」なんかな~、ウチの夫。
白餅そのままバクバク食べてた・・・えぇぇぇ?
お互い、相手に首をかしげながら芝生の上での昼食。
デザートだけは共通の一品、わらび餅。これからの季節、あっさりしてていんだよな~。
[PR]

by ika-maguro-sake | 2006-06-21 19:35 | おいしい時間

琵琶湖博物館

雨なのと私の体調が弱っているのとで、急遽お互いの予定を変更し家族旅行?に出発。
向かった先は、琵琶湖博物館。
目的は。。。え~っと。淡水魚の種類を見分けられるようになるため。
なぜって。
釣りしてたら、『この魚は○○』って聞いても、次釣った魚も一緒にみえる。要は、何でも一緒に見えるのダ。じゃぁ、並べて見たら分かるでしょってことで、オベンキョウ。
これで私はおいしい魚を見分けられるようになるなのだー。

でも、寄り道が過ぎて着いた時には閉館前・・・ガーン。
ということで、明日の開館に向けて前夜泊。しかも、車中泊。
博物館に行くのに前夜泊するってあんまり聞かないよなぁ。ま、いっか。

そこで感じたことを1つ。
さすが博物館、琵琶湖の歴史や環境も色んな技法を使って楽しく感じ、学べる。
人々の暮らしもこの数十年間で大きく変わってきたのが分かる。そして湖も、変わった。人々の生活のためだったり、災害から守るためだったり。
そしてまた、そこに住む魚たちも、変わった。
日本古来の種が絶滅の危機と聞くと、やはり日本人なのでさみしいと思う。

でも、魚の住む環境も大きく変化してきてるから、住む魚も変わってきて当たり前と言えば当たり前なのかなとも思う。
例えばだけど、もしも外来種の魚を排除してみても、もといた日本古来の魚は戻ってくるのかな・・・今の環境で住めるんだろうか・・・

琵琶湖のことだけじゃなくて、現在の生態系を作り出したのは私たち人間なんだよね。
人間のためだけではなく、本気で自然界との共生を考える時期がきてるんじゃないんだろうか。今後私たちはどうすればいいのかを課題にして琵琶湖博物館を後にしました。
[PR]

by ika-maguro-sake | 2006-06-18 21:51

いかまぐろさけ

週明け早々なんだけど義父の家に遊びに行く。
週末に予定が合わないので、ちょっとフライイングなんだけど父の日ということで。

久々に会った義父は、髪をスポーツ刈りにして黒く染めていた。
おぉぉぉ!いい感じ。若くなったんじゃない!?って笑う。

母の日って、女同士だしなんとなくほしいモノが分かるんだけど、父の日ってか~なり難しい。義父ならなおさらのコト。

悩んで悩んで探し回った挙句、結局選びきれなかった。何にもないのもさみしいのでちょっとした小物を購入。。。それとお寿司。
実は自分が食べたかったりもするのダ。てへへ。私はお寿司は毎日でもいいってくらい一番の大好物。毎朝巻き寿司でもいいくらい。ソリャ~ヤメテクレェって言われるかな、実際にはご飯・味噌汁・納豆だけど。

それはさておき、寿司ネタ。今日のネタベストスリーは。。。
1、イカ
2、鉄火巻き 
3、サーモン

『いかまぐろさけ』???
1年ほど前まではほとんど魚が食べれなくて!回る寿司でも(回る寿司屋にしか行かないけど)ホタテ・赤貝・ウニ・タコ・イカ等など最初の一皿から最後まで生ものは貝類・軟体類。
焼肉ではもともとホルモン・ミノ・臓物系。これも最近少しは赤みの肉もおいしく食べている。
嗜好って変わるんやなー。
[PR]

by ika-maguro-sake | 2006-06-14 00:51 | おいしい時間

もしかして中毒症?

近場でルート開拓されているとのことで、これまた久しぶりにノコノコとフリークライミングへ。
これからの季節は、早朝にカギル。なんといってもアツイ!
チョークをつけてもつけてもヌルヌル溶け出してくるような・・・
私はすっごい汗かきの上、緊張するとまさに「手に汗にぎる」タイプ。
ルート考えてるだけで指先から汗がしたたり落ちそうになるんだわ、これホント。

今日は比較的涼しくて快適。
なのにクセなのかなー、いや久々でかなりビビリ入ってたのもあって、必要もないのにムーブごとにチョークつけまくりさわりまくり。
『チョーク中毒』と命名された。
まさにそのとおりっ!おおあたりっ!あんたはえらいっ!ってかんじだった。

なんか触ってるだけで安心してしまうんだよなー。
気持ちの切り替えができるというか、登れそうな気がするというか。

そんなこと言ってる場合じゃなーい!切り替えも登れそうな気よりもなによりも登りたーいっ。
今日の最後はヨレヨレで10Bの途中でヤメタ。とほほ。でもこんなもんか。
とりあえず、再デビューに乾杯。
この夏はクライミングするぞー。f0001203_1503624.jpg

この山の周囲を取り囲むように岩場が広がっている
[PR]

by ika-maguro-sake | 2006-06-10 14:35 | 山あそび

愛だねぇ愛!

先日UPしている縦走路の残り半分に行ってきました。
今回は友人たちと一緒。
たくさんしゃべってたくさん食べて。ちょっぴり迷って。愛も知った。?

友人が登山口で大きな忘れ物に気付き大騒ぎとなる。なんとそれは「くつ」。
たまたまスニーカーを履いていたので、「ツッカケより上等上等!」とそのまま行くことに。これでは足がもたないとかなんとか言っていたけれど、周りは「気にせんかったらダイジョウブ」とか勝手なことを言ってとりあわない。

今日の縦走路はほとんど人に会わないしっぽりしたところ。
「アッ、人や!」と前から人が来るのを見てビックリしたくらい。
なんとなんとしかも!前から歩いて来た人は、靴忘れ友人のご主人様だったのです~!!
ご主人様は、友人の忘れていた山靴を持って!他に飲み物、サンドイッチ、ゼリーなどもたくさん背負って途中のエスケープルートから来てくれたとのこと、愛だねぇ愛!!

私のザックは、ウィンドブレーカー・ヘッドライト・コンパス・地図・パン・飲み物、これだけ入れたらはちきれそうな小さなザック。この小ザックの呼び名は「幼稚園バック」。
友人は、中くらいのザックに山行装備を入れてきている。日常からトレーニングもかねているとか。さすが山ヤ。
私はこの「幼稚園バック」だったがために困ったことが1つ。
友人のご主人様の差し入れが入らず、たくさーんお腹の中におさまりましたとさ。
めでたしめでたし。
f0001203_21261913.jpg
一番向こうのピークまで歩く
(写真左奥)

行動時間は9時間30分
[PR]

by ika-maguro-sake | 2006-06-03 21:29 | 山あそび